Fall Sale 40 % OFF Get Decibel for $89
Decibel on devices

1目盛
で全てを制する

フルカスタマイズ機能を持つリアルタイム メータリング ディスプレイ(iOS / Android)をデスクに追加して、スタジオをアップグレード。

Decibel デシベル,それは...

Decibel デシベル,それは...

サウンドエンジニアに最適

いつでも視野に入るプロフェッショナル リアルタイムメータリング システムをワークステーションに追加して、音量レベルを自在にコントロール。

いつでも視野に入るプロフェッショナル リアルタイムメータリング システムをワークステーションに追加して、音量レベルを自在にコントロール。

サウンドエンジニアに最適

Coming soon

そしてビデオメーカーの編集にも

ポッドキャスト, インタビュー,音楽やナレーションのついたムービーの音量バランスを最良にします。

ポッドキャスト, インタビュー,音楽やナレーションのついたムービーの音量バランスを最良にします。

そしてビデオメーカーの編集にも

無制限のリアルタイム ディスプレイ

スタジオのメータリング構成に必要な数のモバイルデバイス(iOS / Android)へ上限なしで接続可能。レイテンシなし、WifiまたはUSB互換。

unlimited devices unlimited devices

無制限のリアルタイム ディスプレイ

スタジオのメータリング構成に必要な数のモバイルデバイス(iOS / Android)へ上限なしで接続可能。レイテンシなし、WifiまたはUSB互換。

新旧のiOSデバイスを再起

スタジオの空間、ルックスにフィット

スタジオの空間、ルックスにフィット

スタジオの空間、ルックスにフィット

自分の思い描く
メーターを造る

作業環境に応じてメータリングを追加や、サイズ、位置、単位の変更、などをフルカスタマイズ。

類を見ないLUFS
ラウドネス・ダイナミック メータリング

LUFS, TRUEDYN, TRUEPEAK

この独自のTRUEDYNテクノロジーでミキシング、マスタリング作業での音のダイナミクスを操作。ミックスがクライアント、またはあなたのストリーミングプラットフォームに適したTRUEDYNの範囲で、適切なLUFSレベルに処理されていることはもちろん必須。

lufs-modules

ドラッグアンドドロップで高速分析

トラックをDecibelにドラッグアンドドロップすると、オフラインですばやく分析できます。わずか数秒で結果を得られます。

スーパーメーター

ラウドネス、ダイナミクス、トゥルーピークが1つのモジュールで

スーパーメーターは、サウンドの3つの最も重要な測定値−ラウドネス(LUFS)、ダイナミクス(TRUEDYN)、およびピーク(TRUEPEAK)を視覚化したユニークな機能です。外側のリムには、音楽をリアルタイムで感じるための短期間の測定値(3秒のタイムスパン)が表示され、内側のリムには、(録音の最初から)統合された測定値が表示されます。

1/10

LUFS メーター

3つの計器があなたのレベルをモニタリング

この最高水準のLUFSメーターは、瞬間のLUFSの値(400コンマ秒)、短時間のLUFS(3秒)、およびLUFS統合値を表示します。 LUFSの瞬間的な値は、音源のラウドネスレベルを即座に表しますが、LUFSの統合された値は、録音の最初からの平均的なラウドネスを表します。目的は、音源を完成形にさせる前にLUFS統合値を目標値に落ち着かせることです。

2/10

LUFS ヒストグラム

時間の経過とともに音楽のラウドネスを記録

LUFSヒストグラムは、音楽のラウドネス(LUFS)と短期間のダイナミクス(Truedyn)を経時的に表します。これは、曲のさまざまな部分を比較し、それらのラウドネスとダイナミクスの変化を確認するための最良の方法です。また、注意を表す赤いアラートドットで、音源がTrue Peak Maxの制限を超えているかどうかを確認できます。

3/10

VU メーター

それぞれのレベルを体感

VUメーターは、録音レベルをコントロールし、オーバーロードやディストーションを回避、それに応じてメーターの0VUレベルを調整することで、デジタルコンバーターを最良の状態に到達させるのに立ちます。針の動きは、人間の耳の反応に近似するように設定されており、最も「音楽的な」計測システムであることがよく知られています。

4/10

スペクトラム アナライザー

フリーケンシーの内容が一目で

リアルタイムの周波数アナライザーが利用できるため、あなたの音楽を参考音源と比較したり、問題のある共振周波数やミックス全体の周波数のビルドアップなどをピンポイントで表示できます。さらに、スペクトルの左側を簡単にズームして、低周波数での精度を高めることができます。

5/10

デジタルメーター

RMS: オールドファッション ウェイ

LUFS基準が登場する前に、音のレベルはRMS標準を使用して計算されていました。これは、全てのDAWソフトの全てのトラックで使用するものであるため、私たち全員が慣れている典型的なゲージです。それはまだ非常に実用的でシンプルです。さらに、このモジュールを使用すると、True Peak値を表示したり、ピーク保持時定数をカスタマイズしたり、dBスケールをズームして精度を高めたりすることができます。

6/10

フェーズ スコープ

フェーズを確認

Decibelのフェーズスコープは、左右のチャンネルの相関関係を示します。このモジュールは、Monoシグナルを識別し、Stereoチャンネルの位相がずれていることを示すのに役立ちます。また、Stereoイメージを視覚化し、片側に傾いているかどうかを示します。原則として、ドットの散乱が多いほど、信号のバランスが取れます。そしてそれが見た目にも美しい。

7/10

Stereo Cloud

Visualize your frequencies in the stereo field

The Stereo Cloud allows you to visualize where the frequencies of your audio material are located in the stereo field. Bass and high frequencies are respectively represented at the bottom and the top of the module. The X-axis represents the stereo field.

The purpose of the Stereo Cloud is for you to be able to visualize what you hear and feel in a precise and innovative way pleasing to the eye.

8/10

ターゲット バリデーター

目標数値へ合わせる

ターゲットバリデーターは、ターゲット数値に到達したかどうかを知るのに最適な方法です。デシベルには3つのターゲットがあります。音源が目的のLUFSレベルに落ち着くと青で点灯するラウドネス(LUFS)ターゲット、ラウドネス範囲(LRA)、そして超過すると赤で点灯するTrue Peak Maxです。厳格な仕様に従って音源を提供したい場合は、必要不可欠です。

9/10

ナンバー ボックス

必要なすべてのデータを表示します

ナンバーボックスを使用すると、Decibelによって計算されたほぼ全てのものを表示できます。LUFS、RMS、およびTRUEDYNレベルから、クレストファクタ、LRA、およびTrue Peakまで。

10/10

スーパーメーター

ラウドネス、ダイナミクス、トゥルーピークが1つのモジュールで

スーパーメーターは、サウンドの3つの最も重要な測定値−ラウドネス(LUFS)、ダイナミクス(TRUEDYN)、およびピーク(TRUEPEAK)を視覚化したユニークな機能です。外側のリムには、音楽をリアルタイムで感じるための短期間の測定値(3秒のタイムスパン)が表示され、内側のリムには、(録音の最初から)統合された測定値が表示されます。

LUFS メーター

3つの計器があなたのレベルをモニタリング

この最高水準のLUFSメーターは、瞬間のLUFSの値(400コンマ秒)、短時間のLUFS(3秒)、およびLUFS統合値を表示します。 LUFSの瞬間的な値は、音源のラウドネスレベルを即座に表しますが、LUFSの統合された値は、録音の最初からの平均的なラウドネスを表します。目的は、音源を完成形にさせる前にLUFS統合値を目標値に落ち着かせることです。

LUFS ヒストグラム

時間の経過とともに音楽のラウドネスを記録

LUFSヒストグラムは、音楽のラウドネス(LUFS)と短期間のダイナミクス(Truedyn)を経時的に表します。これは、曲のさまざまな部分を比較し、それらのラウドネスとダイナミクスの変化を確認するための最良の方法です。また、注意を表す赤いアラートドットで、音源がTrue Peak Maxの制限を超えているかどうかを確認できます。

VU メーター

それぞれのレベルを体感

VUメーターは、録音レベルをコントロールし、オーバーロードやディストーションを回避、それに応じてメーターの0VUレベルを調整することで、デジタルコンバーターを最良の状態に到達させるのに立ちます。針の動きは、人間の耳の反応に近似するように設定されており、最も「音楽的な」計測システムであることがよく知られています。

スペクトラム アナライザー

フリーケンシーの内容が一目で

リアルタイムの周波数アナライザーが利用できるため、あなたの音楽を参考音源と比較したり、問題のある共振周波数やミックス全体の周波数のビルドアップなどをピンポイントで表示できます。さらに、スペクトルの左側を簡単にズームして、低周波数での精度を高めることができます。

デジタルメーター

RMS: オールドファッション ウェイ

LUFS基準が登場する前に、音のレベルはRMS標準を使用して計算されていました。これは、全てのDAWソフトの全てのトラックで使用するものであるため、私たち全員が慣れている典型的なゲージです。それはまだ非常に実用的でシンプルです。さらに、このモジュールを使用すると、True Peak値を表示したり、ピーク保持時定数をカスタマイズしたり、dBスケールをズームして精度を高めたりすることができます。

フェーズ スコープ

フェーズを確認

Decibelのフェーズスコープは、左右のチャンネルの相関関係を示します。このモジュールは、Monoシグナルを識別し、Stereoチャンネルの位相がずれていることを示すのに役立ちます。また、Stereoイメージを視覚化し、片側に傾いているかどうかを示します。原則として、ドットの散乱が多いほど、信号のバランスが取れます。そしてそれが見た目にも美しい。

Stereo Cloud

Visualize your frequencies in the stereo field

The Stereo Cloud allows you to visualize where the frequencies of your audio material are located in the stereo field. Bass and high frequencies are respectively represented at the bottom and the top of the module. The X-axis represents the stereo field.

The purpose of the Stereo Cloud is for you to be able to visualize what you hear and feel in a precise and innovative way pleasing to the eye.

ターゲット バリデーター

目標数値へ合わせる

ターゲットバリデーターは、ターゲット数値に到達したかどうかを知るのに最適な方法です。デシベルには3つのターゲットがあります。音源が目的のLUFSレベルに落ち着くと青で点灯するラウドネス(LUFS)ターゲット、ラウドネス範囲(LRA)、そして超過すると赤で点灯するTrue Peak Maxです。厳格な仕様に従って音源を提供したい場合は、必要不可欠です。

ナンバー ボックス

必要なすべてのデータを表示します

ナンバーボックスを使用すると、Decibelによって計算されたほぼ全てのものを表示できます。LUFS、RMS、およびTRUEDYNレベルから、クレストファクタ、LRA、およびTrue Peakまで。

モバイルデバイスを接続する方法

モバイルデバイスを接続する方法

  • AppStoreまたはGooglePlayストアからDecibel Displayをダウンロードして起動します。

  • すべてのモバイルデバイスを同じWIFIに接続するか、USBケーブルを使用します。

  • Decibelプラグインまたはスタンドアロンアプリから、[Manage Displays]をクリックします。 モバイルデバイスのIPを入力します。

  • Decibelプラグインまたはスタンドアロンアプリで新しいタブレイアウトを作成し、モバイルデバイスとペアリングします。

The secret weapon to pro-sounding records

Audiofanzine - Innovation award

This is a great idea that deserves an Innovation Award

Audiofanzine - Innovation award
Music Tech

Process Audio has set a new benchmark with this fantastic metering solution

Music Tech
Sound on Sound

What a great idea, and it helps you recycle old devices too.

Hispasonic

A very complete and great solution offered by Decibel.

Decibel key features

  • ミキシング、マスタリングやポストプロダクションに特化したプロフェッショナルステレオ、そして5.1オーディオメーター
  • 正確なメータリングをスマートフォンやタブレットなど全てのモバイルデバイスで上限なくディスプレイ
  • iOSとAndroidに対応
  • wifiまたはUSBに接続しレイテンシの影響が少ない高精度のリアルタイム分析
  • Compatible with all main DAWs (Pro Tools, Cubase, Logic Pro X, Ableton, Studio One, and Luna).
  • 全てのプラグインフォーマットAU、VST3、AAX、およびスタンドアロン
  • Compatible with Premiere Pro (DaVinci and Final Cut Pro coming soon).
  • ATSCA/85およびEBUR128、NETFLIXおよびBlu-Rayを含む全ての主要な放送規格に準拠
  • フルカスタマイズの出来るラウドネスメーター、フェーズスコープ、スペクトラムアナライザーの他、全ての重要なオーディオモニタリング情報を提供するさまざまなモジュール
  • Process.audioの測定アルゴリズムに基づく高速オフライン分析
  • 全ての主要なオーディオモニタリング測定パラメータの統計と概要をエクスポート可能
  • トゥルーピークメーター、LUFS、Truedyn測定を備えた最先端のSUPERMETER
  • ラウドネスレベル、クリッピング、オーディオダイナミクスの確認を経時的に行うトラッキングLUFSヒストグラム
  • mid-sideステレオリアルタイム分析機能を持つスペクトラムアナライザーでサウンドのフリーケンシー内容をチェック
  • ニードルオーバーシュートアルゴリズムが統合された VUメーター構成
  • フェーズスコープを備えた高精度ステレオ/サラウンド相関メーター
  • スキン、カラー、ターゲット、およびレイアウトのフルカスタマイズ
  • Process.audio&PureMixクルーが手掛けたデザインと設計

システム要件

最小要件

CPU
Intel Core i5 @ 1.7 – 2.2 GHz以上
CPU スピード
情報
RAM
8GB以上
OS
Windows 7 SP1, Windows 8.1, Windows 10 (64-bit versions only), Mac OS X 10.9以降
Mac OS X 10.9 up to OS 12.0.1 (Monterey)
ビデオカード
DecibelはOpenGLGPUアクセラレーションを使用しており、最新のnVidiaまたはATIRadeonグラフィックカードが必要です。OpenGL用に最適化されていない古いカードは、CPUに過負荷をかけます。
保護
iLok authorization
Mobile devices
iOS 14 / Android 7 or newer. As a general rule, the more recent your device is, the faster your connection and drawing will be.

すべてのDAWソフトと互換性があります

すべてのDAWソフトと互換性があります

Pro Tools

Pro Tools

Cubase

Cubase

logicprox

Logic Pro X

Ableton

Ableton

Studio One

Studio One

Studio One

Luna

プラグイン フォーマット

プラグイン フォーマット

ユーザーマニュアル

ユーザーマニュアル

プレスキット

プレスキット

ダウンロード

ダウンロード

Decibel - バージョン 1.1.5 2022-06-30
更新履歴ログ
バージョン 1.1.5 2022-06-30
Fix a crash that can occur at start
バージョン 1.1.4 2022-05-30
- Fixed a slight error on Spectrum Analyzer
バージョン 1.1.3 2022-05-27
- M1 compatiblity for Mac - LUFS duration up to 24h - LUFS calculation fixes - Performance & stability improvements
バージョン 1.1.2 2022-04-13
- Works with mobile version 98 of Decibel Display - New “GPU Mode” option in main menu for better handling of low-end devices - Fixed performance issues on Windows - Fixed hang at UI opening - Fixed crash upon Adobe Premiere closing - Fixed crashes related to LUFS analysis
バージョン 1.1.1 2022-04-06
- Works with mobile version 97 - Fixed hang when shutting down Mac - Fixed LUFS for Adobe Premiere - Added missing VST3 Category: Analyzer - Previous plugin window size is now correctly recalled - Fixed iOS crash that could occur upon closing - Factory Presets are now in timecode mode for DAWs - Fixed wrong Histogram scale values that could occur
バージョン 1.1.0 2022-03-24
- New module : Stereo Cloud - New gradient display in skin panel - The "DIGITAL" category of the skin panel has been split into "RMS" and "FREQUENCY". Your custom presets will be updated accordingly. - New display for histogram pre-roll - Histogram pre-roll will now only trigger if the transport position overlaps with a previous analysis - LUFS analysis is now saved and recovered in/from plugin state (in TimeCode mode) - LUFS analysis is now supported during bounces (in TimeCode only) - TrueDyn value is now displayed inside histogram mouse over box - Added an option to display vertical lines on time marks on histogram - Smoothed histogram rendering - Added new "Scale Type" setting to SpectrumAnalyzer - Added new "Peak hold" feature to SpectrumAnalyzer - Added new "Key" display to Spectrum Analyzer mouse over (base A frequency can be tweaked from Calibration panel) - Added changelog display to updater - Added version parity check between mobile and desktop - Stability improvements
バージョン 1.0.3 2022-01-06
- Works with version 93 of mobile app - Fixed a problem with Histogram's clipping on TimeCode mode - Fixed a slight error with SpectrumAnalyzer peaks - Histogram TimeCode's preRoll was appearing in other modes if the mode changed before its end - Elapsed timeline was not behaving correctly when moving transport in DAW - Fixed a crash that could occur in TimeCode - Fixed a crash that could occur when unbypassing the plugin
バージョン 1.0.2 2021-12-01
- Fix scaling factor errors on Windows - Now process signal when recording in Protools - Added an alert when the maximum LUFS recording duration exceeded
バージョン 1.0.1 2021-11-25
- Fix Pro Tools CPU spikes on play / pause. - Fix potential True Peak calculation errors with variable buffers. - Fix Numeric Box responsiveness. - Fix VU Meter volume compensation in SUM mode. - Fix Decibel Monitoring core audio driver (OSX only) forcing its previous sample rate on launch. It will now adapt its sample rate to the selected converters. - Mac OSX Standalone : Rollback to default system output when loosing current audio output - Fix Histogram timescale showing wrong values. - Upgrade LUFS analysis capacity to 7.1 signals. - Works with mobile version 92
バージョン 1.0.0 2021-11-10
Update Android Icon Super Meter label True Peak Max Remove VST2 Path on windows installer Clearing a Tab sent to Device No LUFS Processing on Export/Bounce Fix Wrong init Phasescope and Labels margin Remove shortcut panels for DAWs Slow AU Opening Fixed Crash on Pre-roll for Logic New Update Window popup Compatibility with Adobe Premiere Rename Devices to Displays Fixed some OpenGL Bugs Reset LUFS when no sound